2017年2月24日 (金)

水辺の貝も十人十色?

朝はとても青い空が広がっていましたが、午後には雲が太陽にかかってしまい、少し肌寒く感じられました。
そんな中、すこし水辺に行ってみようと思い、行ってきました。
3
石の側面についているカワニナを発見。
寒くても水の中にいるのは貝なので当たり前ですが、寒くないのでしょうか。
5
ほかの石にもついています。
石は貝の中では人気スポットなのでしょう。
4
と思いきや、地面の上に寝そべっている子もいました。
別に石が人気というわけでもないのかな?

そして、一番驚いたのは・・・
1

2_2
オオカナダモに逆さにひっついていました。
こんな不安定な場所にいて、安心するのでしょうか。

ついている場所が違うのは、少し不思議ですよね。

人間も「個性が~」なんてよくいいますが、ほかの生物にだって「個性」があります。
そういった、自分にとって面白い発見があると「まだまだ気づいていないことが多いのだな」と思います。
もっと探してみようかなぁ。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

こころざわめく

今日の天気は、「嵐の前の静けさ」といったように感じました。
そんな雰囲気の天気でしたが、どこかそわそわする感覚になります。いうならば、「台風の前の日」といった感じです。
_1

_2
この森の写真も、どこか「嵐の前の静けさ」を表している気がします。
生暖かい風が吹いているから、余計に「台風の前」に思えるのでしょうが、私はこういった天気が好きなので、少しでも長く続いてくれることを願っていたりします(笑)

みなさんも、好きな天気の時に森に触れてみると、新たな発見があるかもしれませんね。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

ウメの現在

最近は天気が良い日が多く、春を告げるものが目に付きます。
しかし、私はウメが気になるので今日も見てきました。
1
2
4 徐々に咲いてきていますが、まだまだ存在感が薄いです。

あと2週間も経てばもっと咲くのかな、と思います。
3 下のウメの花びらが1枚欠けてしまっています。
しかし、その形がどこか蝶に似ていて、私はお気に入りです。

おそらくは5枚で安定するのでしょうが、4枚でも綺麗に見えます。そういったところも含めてウメはやっぱりいいですね。

みなさんも、森のウメを見に来て下さいね。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

遊林会、新たなロゴできました

Photo

河辺いきものの森をはじめ、主に東近江市内で里山保全活動と自然体験活動を行っている「特定非営利活動法人 里山保全活動団体 遊林会」のロゴが新しくなりました!
かわべぇフォトログをご覧になってくださっている方の多くは、「遊林会」と言う名前もご存じかと思いますが、まだまだ知名度の少ない「遊林会」。
B_20060423
遊林会の「遊」の字を、里山にふさわしい「ドングリ」の芽生えと、保全した里山で見られる「笑顔」であらわしました。
新たなロゴとともに、これからも多くの命が誕生し、たくさんの笑顔があふれる“里山”づくりをめざしていきます。
今後とも、河辺いきものの森と遊林会と応援よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

小さな春見つけた

今日はモリイコ!ならがしわ隊の活動がありました。その様子は、「モリイコ隊 活動記」で見ることができるので、ぜひご覧下さい。

今日は水辺で小さな春を見つけることができました。
それは・・・
_ ツクシです。
ツクシは漢字で「土筆」と書きますが、こうやって見てみると本当に筆のように見えますね。
__2 タンポポもありました。
タネを全てとばしてしまっているので、ライオンには見えないですね。
そしてそして~
__3 オオイヌノフグリです。

この花は早春の花なので、少し早く咲いてしまったのかな?
昨日は暖かかったので勘違いしてしまったのかもしれません。このまま雪が降らずに春を迎えてくれればいいのですが、雪が降ってしまったらこの子は雪の下に埋もれてしまうのでしょうか。

小さな春を見つけたおかげか、春に近づいたのだなと感じます。
まだまだ空気は冷たいですが、私もいい加減冬眠から醒めようかなと思います(笑)

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

春色を閉じ込めて

今年になり、森のブログの更新頻度がすごくあがりました。

遊林会のスタッフ・もちづきが、毎日森に出てみなさんに森の情報をお届けしています。
そして、それを楽しみに見てくださっている方からもお声がけいただき、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。
今日は、春休みに行う子供向けイベントの準備をしていて、素敵な試作品ができたのでお知らせします。
毎年、春休みには「森の芸術家」という名でいろんな作品作りを行っています。
今年の春の高学年のイベントでは「染色」にチャレンジしてみようかと思っています。
そしてこちらが試作品
_2185975 春らしく、かわいらしい作品が出来上がりました。
これはなにで染めたかわかりますか?
一昨日のブログでも出てきていた、「うめ」の枝を使い染めました。
枝を煮出すと、枝に含まれていた色素がしみ出してきます。
はじめは黄色っぽいのですが次第にアプリコットのような色に。
そこに布を入れ色素が布にしみこむと、染液が薄くなっていました。
「あぁ、ちゃんと布に色が移ったんだな~」と思い、「このカバンにウメが吸収されたんだ」と、なんだかより可愛らしく思いました。

春休みのイベントについては、2月の下旬に遊林会ホームページでチラシを掲載させていただきます。その際、またこちらのブログでもお知らせします。
今日はまた少し寒さが戻ってきましたが、だんだんと春へと近づいていますね。
春はいろいろと紹介したい森の様子が増えるので、ぜひブログも楽しみにしていてくださいね。  bun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

現実と楽曲の狭間で

少し降った後にやんだ雨は、午後からまた降り始めました。
雪ではなく雨なので、気温が少し高いことがうかがえます。

せっかくの雨なので、雨の森を少しだけ見てきました。梅雨の時期とは異なる様相を呈していました。
特に印象的だったのは、「木道」です。薄霧が出ていたということもありますが、一言で表すなら『魔王』といった感じです。

なぜ『魔王』なのか?それは写真をご覧ください。
_
フランツ・シューベルトが作曲したことで有名な楽曲『魔王』。
この暗さと薄霧のせいで、『魔王』の世界に足を踏み入れたように感じます。暗い森への畏怖と、奥へ行くことへの本能的な恐怖を呼び覚ます感じがしました。

と書きましたが、この写真からうける印象であって、実際に見てみるとなんてことのない、いつも見ている森なんですけどね(笑)

しかし、雨だからこそ違う部分もあります。
それは・・・空気の澄み具合です。雨のおかげで空気中の不純物が落ちたためか、空気がとても澄んでいる気がします。

雨が降ってどこにも行く気が出ない…そんなときは是非森に来てみてください!雨が降ったことで特別な森を堪能できますよ!
ただ、木道やセンター前など、板張りになっているところはとてもすべりやすくなっています。気をつけてくださいね。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

ウメの開花状況

今日は晴天です。とても良い天気で、お昼寝をしたいくらいですね。 午後には気温も上がったので、ウメの様子を見てきました。結構咲いたかな?と思いながら、いってみました。 1以前見たときよりは咲いていますが、まだまだ満開には遠いようです。
2

3

4
ただ、つぼみは大きくなってきているのでどんどん咲いていくのかな。
今日は天気が良く、青空が広がっているので、ウメが目立っている気がします。

定期的にウメの様子を伝えていこうかなと思いますので、楽しみに待っていてください。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

枝から垂れる氷の玉

昨日の夜に降った雪が、うっすらと積もっています。多く降るよりはマシですが、あまり降って欲しくない今日この頃。
1
しかし、そのおかげか分かりませんが、枝の先には以前紹介した玉氷が。
2
それも一箇所ではなく、ところどころに見受けられました!
たくさんついていても綺麗ですね。ただ、横に整列しているよりも・・・
3
縦に垂れている方が、魅力的に見えるのは私だけでしょうか。

余談になりますが、この写真を撮っているときに少し奥で、ノウサギがぴゅーっと前を走っていきました。
すぐさま追いかけたのですが、追いつくことが出来ない上に、足をすべらせてこけてしまいました(笑)

なんとかカメラを傷つけずにすみましたが、左手は痛かったです(泣)

たまに珍しい野生動物が見られるので、森を歩くのも飽きません。
みなさんもぜひ、森の中でノウサギのような珍しい動物を探してみてください。

見つけたら教えてくれると嬉しいです。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

頭を垂れるその先に

小雪がちらつくかと思えば、降り出してしまいました。
徐々に溶けていた雪も、また復活の兆しを見せてきましたね。

そんな雪の中ではありますが、倒木の確認や看板修理など、森でのお仕事が多くありました。
倒木の確認ついでに、せっかくなので雪の日はいかない場所へ行ってみようと思い、野上さんの元へ行ってきました。

野神さんの横の竹林では・・・
2
すごいいきおいでアーチ状になっています。なおさなければいけないのですが、葉っぱが地面の雪とくっついてしまい、助けることが出来ませんでした。
_
それにしても、竹がおじぎしているように見えます。
頭を下げているその先にあるものは・・・
Photo
野神さんがいらっしゃいます。
さすがは神様ですね、竹におじぎさせるとは。

雪の積もった野上さんは初めて見ましたが、空気も少し違うような気がしました。雪がおさまったら、竹を助けに行こうかなと思います。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«林冠トレイルより