森のこと

2017年11月26日 (日)

秋の森

今日はゆっくりと森を歩く時間があったので、いってきました。
秋と言えばモミジが思い浮かびますが「他にはいったいどういったものがあるのだろうか?」などを考えながら歩いていました。

屋外トイレの裏には
_2 ウバユリがありました。
去年ブログを書き始めた時にも撮ったので、私はウバユリに雪のイメージがあります。
_ タネはニンニクみたいで面白かったり。

モミジの状況はというと
__2
_2_2 良い感じに色づいています。
是非とも見に来てください!

モミジの林には他にも目立つものが。
__3
_2_3
_3 ナンテンです。
実は雪ウサギの目に、葉は耳に使えたりします。少し雪が楽しみになってきました。

急に寒くなって外に出るのが億劫になりますが、気温の変化で森も変化しているので、隙を見てお伝えしていきたいと思います。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

第2回 森ですごす素敵時間

11月22日(水)に第2回 森ですごす素敵時間「森のツルをとって、リースを作ろう!」が行われました。このイベントは里山保全を目的にした、東近江市のエコツーリズムの一環として行われています。今回も参加者の皆さまと一緒に、、少し寒くなった秋の里山を楽しみました。

今回は森の素材をふんだんに使ったリース作りをしたのですが、リースの土台作りのためにまずは、森にツルを採りに行くことから始めました。軍手をはめ、剪定バサミを持っていざ森へ!1_sc_0807_1
ツルは荒れた森に茂っている植物で、放っておくと木に絡みつき、木の生育を妨げてしまうので、ツルを採ることで森の保全活動につながります。そして、採ったツルをリースの土台に利用するのです。 今日は遊林会の里山保全活動日でもあるので、ボランティアの方と一緒にツル採りに挑戦しました。12dsc_0826

根本のツルを切り、巻いているツルを少しずつほどいていきます。ツルが太く大きくなると、(下の写真↓)まきつかれた木の幹はぐるぐるになってしまうんですね…。恐るべしです。ツルがほどかれ、木もホッとしているのでしょうか?

A_sc_0850

細いのや、太いのやお好みのツルを探して採っていただきました。ツルは荒れた場所にしか生えていないので、数本採るだけでも結構大変な作業でしたが、みんなですればなんでも楽しくなりますね!4_sc_0879

2_sc_0833

ツルを採った後は、黄金色に紅葉している「イタヤカエデ」を見に行きました。

3_sc_0877

こちらは「モミジの林」です。最近、ぐっと冷え込んで一気に色鮮やかになりました。これから、もっと色づきますよ!また是非、見に来てください。

A_sc_0909

森から帰ってきたら、採ってきたツルを巻きリースの土台作りを始めました。ツルの曲がりも上手に活かしながら、いい土台に仕上がりました。

5_sc_0931

さて、そのころ台所では遊林会のボランティアの方が、今日のお昼ごはん「たき込みご飯」を羽釜で炊きかけてくださっていました。Mさんの作られるご飯はとっても美味しいと遊林会でも大好評です。いつもありがとうございます。今日のご飯も楽しみです!

6_sc_0932

リースの土台作りが終わった後は、お昼ごはんです。地場野菜たっぷりの手の込んだお料理を参加者の皆さん、遊林会のボランティアの皆さんと一緒にいただきました。寒かったので、温かい炊き込みご飯や豚汁、ことこと煮込んだ焼き豆腐などをいただき、体も心もぽかぽかになりました。

7_sc_0963

午後からは、いよいよリースの飾りつけです。先生が用意してくださった、たっぷりの自然素材の中から好きなものを選んでいきます。たくさんありすぎて迷うほどですね。

8_sc_1002

選んだ素材はバランスを見ながら、ホットボンドでつけていきます。

9_sc_1027

「うわぁ~、素敵!」の声が聞こえると、「えッ!どれどれ~」とみんなが集まってきました。お互いに刺激を受けながら、どんどんいい作品に仕上がっていきました。

10_sc_1040

出来上がった作品はこちらです。どれもこれも素敵な作品です!       14

11_sc_1086 A_sc_1075_2 17_sc_1077_2

木に絡みつけば、木の生育を妨げてしまうツルですが、そんなツルを活かせばこんな素敵なリースに生まれ変わるのですね!

参加者の皆さんからは「リースは作ったことがあるけど、ツル採りは初めて。楽しかった!」や「こんなに素敵なリースが作れて大満足」と言っていただけました。そして、「ボランティアの皆さん(里山保全活動を行ってくれて)、ありがとうございます」のお言葉もいただけました。この森で大人も子どもも楽しく過ごせるのは、約20年間、遊林会のボランティアの皆さんが里山保全活動を続けてくださっているからなんですね。「里山を守りたい」遊林会の思いを間近で感じてくださり、本当に嬉しいなと思いました。 そして、私達スタッフも皆さんと秋の森を散策したり、ツルを採ってリース作りをしたり、とても楽し一日をすごさせていただきました。参加者の皆様、どうもありがとうございました。また、いつでも森にお越しください。

そして、森のイベントのお知らせです。12月3日(日)14時より、河辺いきものの森・ネーチャーセンターにて「森の室内楽コンサート」が行われます。今回は打楽器コンサートです!「だがっきスイッチ」による、心躍る楽しい演奏、トークをお楽しみいただけます。是非こちらにもお越しください。  くま

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

秋深く

お久しぶりです。更新が遅くなってしまいました。

今日は森がどれだけ秋になったかをお伝えします!
_ くさはら広場のあずまやの前が落ち葉だらけに!
踏みしめるとふかふかで気持ち良かったり。
__2 ツバキも咲いていました。
綺麗な赤い花が目立ちます。
__3 ススキも秋らしいですね。
ススキ=十五夜、の方程式が私の頭の中にはあります。
__5 サルトリイバラの実も赤いですね。
実を近くで見ようと近づくと・・・
__6 とげが刺さってくるので気を付けてくださいね!以外と痛いです。

とげとげつながりでハリギリもどうぞ。
__7 握ったら大変な目になりそうですね。

秋をお伝えしますと冒頭で言いましたが、ここ数日は冬の気温…
秋はさっと過ぎてしまうのか、頑張って続いてくれるのか?

モミジも徐々に色づいてきているので、見に来ていただけると嬉しいです。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

決闘!

朝は冷え込みましたがお昼からはだんだん暖かくなり、最後は汗をかくくらいに暖かくなっていました。

ふと喫煙所の方を見ると・・・
_ カマキリが2匹いました。
今にもけんかが始まりそうな雰囲気でしたが、両者一向に動くことがありませんでした。

_2
_3
本気で捕食しようとしている顔ですね。

今日は学校対応があったので、つきっきりでカマキリを見ることができませんでしたが、クイズラリーから帰ってくると状況に変化がありました!

_4
おそらく、奥にいたカマキリが勝利したようです。

_5
_6
顔から食べていくんですね。
カマキリの捕食を間近で見たことがないので少しワクワクしながら見ていました。

最後はお昼を食べてから見てみることにしました。

_7_2
「これはオレの獲物だ~」といっているようですね。
それにしても、自分と同じ大きさの獲物をカマだけで持っていることに驚き。

最近はカマキリがたくさんいます。
森に来たら今回みたいなカマキリの捕食が見られるかもしれませんよ。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

晴れ!

先週はずっと雨模様でしたが、今日、ようやくすかっと晴れました!太陽の光がすごく気持ちいいです。

森のいきものたちも晴れたことが嬉しいらしく、姿をばんばん見せてくれました!

Photo 落ち着いた様子のカマキリ。カメラを近づけても逃げる様子がありませんでした。
さわってみると、ぴょんぴょん素早く逃げていったので、元気だったようです。

Photo_2 近くには元気に跳ね回るキリギリスも。
今日は様々ないきものがいて森の中が楽しいです。

楽しくない様子も見つけました。
_ アシナガバチがけんかをしていました。
なわばり争いなのかどうかはわかりませんが、けんかをしていました。晴れの日に残念…

しかしその近くには・・・
Photo_3 羽を休めているトンボが。
みんなそれぞれ違う様子で面白いですね。

子ども達に大人気のカナヘビも見つけました。
__2 少し陰になって見えにくいですが、手の上で目をつぶって休んでいます。
かわいいですね!

森の中もようやく色づいてきましたが、まだまだこれからといった感じ。
今はウルシが真っ赤になっているので、赤い葉っぱは触らないほうがいいですよ!

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

第一回 女性のための素敵時間!

今日は、河辺いきものの森で、第一回 女性のための素敵時間!「木の枝と押し花を使ってフォトスタンドを作ろう!」が行われました。
このイベントは、普段お忙しくされている女性の方に、自然がいっぱいの素敵な里山で、たまにはゆっくり、ご自分のために特別なお時間をすごしていただきたいと思い、里山保全を目的とした東近江市エコツーリズムの一環として今回初めて企画いたしました。

今日のイベントの講師の先生、参加者の皆様、スタッフの自己紹介のあとに、まずは森散策に出かけました。

ネイチャーセンター入り口にあるアキグミのにたくさんの赤い実がついているのに気がつかれ、「子どもの時に食べたな~」とみんなで一つ食べてみました。まだ、少しすっぱかったようです。野鳥がついばみに来るのも楽しみですね!
1_dsc_0005
少し歩くと綺麗に紅葉をはじめている、一際目立つヤマウルシを発見。
2_dsc_0010
秋に校外学習にきている子ども達のたんけんでもよくする草遊びを一緒にやってみました。ヤハズソウと言う草なんですが、小さな小さな葉をひっぱると矢の形に切れるんです。
「えっ!わっ、本間や!」と言いながら、楽しんでくださっていました。
3_dsc_0017
今日は遊林会の里山保全活動日毎月第2土曜日、第4水曜日、木ままクラブでこの森の保全活動をしています。)なので、作業中のスタッフに出会いました。先日のひどい台風の風で樹齢約80年の木が倒れてしまっていたので、伐採作業をしていました。
20_dsc_0012
こちらは、ヤブニッケイの香りをかいでいます。
4_dsc_0033
「えっ~!踏むとこやったわ」と言う声が聞こえ振り向くと、なんと森の中を歩いているサワガニを発見されました!寒くなってきたから、そろそろ冬眠の準備をしているのかな?
5_dsc_0039
そして今日は雨降りだったので、カタツムリも発見!「なんか家で見るのとちょっとちゃうなぁ~」と言いながら、ツンツン。この時期に見られる実ものやキノコ、綺麗な落ち葉などを見ているうちに40~50分の森散策があっという間に過ぎていました。皆さんの幼少時代の森で遊ばれたお話を聞いたりしながら、とっても楽しい大人の森たんけんでしたheart04

6_dsc_0063
森散策の後は、今日の作品の小枝のイーゼル作りから始めました。お気に入りの枝を見つけてカットしていきます。
7_zds_7869
同じ木でも、枝の太さや曲がり具合でオリジナリティーあるおしゃれなイーゼルが出来上がりました!
8_dsc_0094
今日は遊林会の活動日なので、ボランティアメンバーの方達と一緒にお昼ごはんをいただきました。参加者の皆さんも「おいしい!おいしい!」と喜んで食べてくださっていました。本当に遊林会のご飯は美味しいんです!昼食担当の皆さん、いつもありがとうございます!
9_dsc_0100
午後からは、先生の押し花の作品を見せていただいたのですが、「これ、押し花?」と感心しながら、作品の美しさに皆さんうっとりとされていました。18_dsc_0108
この後、先生が丁寧に作ってくださった、この森の植物の押し花を使い、早速押し花のアレンジに取りかかっていただきました。
11_dsc_0123
台紙に押し花をのせて、バランスをみていきます。 
12_dsc_0150
アレンジが終わったら、ラミネートをして仕上げます。どんな作品に仕上がっているのか、ドキドキ、わくわくする瞬間です!
13_dsc_0154

出来上がった作品を皆さんで見せ合いっこされていました。作品も素敵ですが、皆さんとっても素敵な笑顔です!

14_dsc_0172

最後は枠を切り取り、厚紙に貼り付けて完成です。

15_dsc_0176

作業の終わった遊林会のボランティアの方達も、どんな作品が仕上がったのか楽しみに見に来てくださいましたよ!

19_dsc_0200

出来上がった作品はこちらです!皆さんそれぞれ、本当にとっても素敵な作品が出来上がりました。私は「どれもいいなぁ、欲しいなぁ~」(笑)と写真を撮りながら、皆さんの作品を眺めさせていただきました。16_dsc_0194

17_dsc_0196

イベントの最後には「今度は子ども連れて来たいわ!」や、「童心に戻ったみたい」、「楽しいひとときだった」などの嬉しいお声をたくさん聞かせていただきました。 そして、この森の荒れた竹林を知ってらっしゃる方は、「遊林会の皆さんのお陰で、こんなに良い森になっていてびっくりしました。ここまでしてくださってありがとうございました。」と言うお言葉もいただきました。 「森の中にいれること」 それだけで楽しくて、みんなが笑顔になれる里山の魅力を、私は今日皆さんに改めて教えていただきました。 そして、これからもこの素晴らしい里山を守るためにも遊林会は里山保全活動を継続し、この森はいつでも多くの方が集える場所であって欲しいなと思いました。18_dsc_0207_2

今日はご参加いただき本当にありがとうございました。皆さんの陰で、私もとても楽しい時間を過ごすことができました。また、いつでも森にお越しください!    くま 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

雨中の生活

秋雨が降る中、森の中に行く機会があったので写真を撮ってきました。
Photo 大きく育ったきのこを見つけました。
雨が多かったためか、森の中にはたくさんのきのこが生えていました。白いものや茶色いもの、赤いものなどたくさんの種類が見つかりました。

Photo_2 看板の下で雨宿りをするザトウムシ。
じっとしているので寒いのかもしれません。しかし、一歩間違えば水滴にぶつかるかもしれない、非常にデンジャラスな場所ですね。

Photo_3 クモの巣に引っかかった葉っぱが印象的でした。クモと同じ大きさで家族のようにも見えませんか?

Photo_4 最後はとっておき。あみだくじ・・・ではなく、クモの巣についた水滴たち。
遠くからでもキレイに見えるのですが、近くで見るとよりキレイに見ることができます。

長雨は少し嫌なものですが、晴れの日とは違った景色が見られるので、意外と楽しかったりします。
雨で気分が乗らないときも少し外に出てみると違う気持ちになるかもしれませんね。

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

雨の日の出会い

今日は久しぶりに朝の森に行ってきました。するとそこには朝ならではのいきものがいました。
そのいきものとは・・・
1 ヤマナメクジです。
このナメクジ非常に大きく、初めて見たときは理解できませんでした。

この写真では大きさがよく分からないと思うので、隣に定規を置いてパシャリ。
2 約16cmです!
でかい!こんな大きなナメクジがいるのか。

このヤマナメクジですが、素手で触ると大変なことになってしまいます。
背中を触る程度なら平気ですが、お腹を触ったらあら大変!手にべたべたした粘液がついて落とすのに一苦労です。
どうして落とすのが大変なのかというと、ナメクジは壁を登ったりするとき、落ちないためにお腹に粘液をつけています。
この大きさのナメクジが落ちないようにするためには、かなり粘性の高い粘液が必要になりますよね。なので、手についたりしたら落とすのが大変なんです。

説明が長くなってしまいました。長すぎたようでヤマナメクジはお休みモードに。
3 ナメクジも丸くなるということを初めて知りました。
こうやってみるとかわいいものですね!

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日)

プチモリイコ!「秋の森で工作しよう」

秋雨の中、本日はプチモリイコ!「秋の森で工作しよう」が行われました。

このイベントは、今年度のモリイコ!に残念ながら参加できなかった未就学児さんが、親子で来てくれました。

秋の森といえばどんぐり。
今回はこのどんぐりで工作するので、まずは森の中へどんぐりを拾いに行きました。

さっそくまんまるどんぐりを発見。
Zds_7260 根っこが生えてきているどんぐりもありました。

ドングリは、アカネズミのごはんにもなるので、この森では拾う数を制限しています。
Dsc_0089_2 今回はカップに詰め放題!いっぱい拾えたね~

Dsc_0234 小雨の降る中でしたが、キノコにカタツムリに、カマキリやカナヘビも!たくさんのいきものに出会うことができました。

顔の真ん中にバッタがジャンプ!
Dsc_0246 「こしょばかった~」だそうです(笑)

どんぐりが拾えたら、ひたすら工作!
今回使った道具はキリとニッパーだけでしたが、つまようじや竹串、モールなどを使って工夫しながら作りました。
Dsc_0256
Dsc_0263
Zds_7298 みなさん親子で「ここはどうする?」「こうやってみようか!」と相談したり、協力して作ってくれていました。

Dsc_0188 お花にウサギにリスに!素敵なネックレスが完成

やじろべぇはやっぱり人気!
Zds_7387 両手はもちろん、両足に乗せて歩いたり、耳に肩に頭に口におなかに…いろんなところに乗せて遊んでいました。

Zds_7352 クマさんがゆらゆら、クマさんやじろべぇも!

どんぐりコロコロに巨大どんぐり玉が出現。
Dsc_0175 引っかかった~と盛り上がっていました。

工作の後は、お待ちかねの焼き芋!Zds_7316
今日は朝から雨ふりでしたが、森のベテランスタッフたちが急遽ドラム缶で焼き芋を焼いてくれました。おかげで焼き立てをパクリ!Dsc_0199

ほくほくトロトロ、とてもおいしそうでした!

雨の中でしたが、どんぐり拾いに工作もお芋も楽しんでいただけたのでほっとしました。
短い間でしたが、親子でゆっくり過ごすことができたのではないでしょうか。
工作や焼き芋はもちろん、どんぐり拾いの森の中でいろんないきものを見つけたりつかまえたりして楽しんでいた姿が印象的でした。

プチモリイコ!は今回で最後ですが、この森はいつでもあいています(ネイチャーセンターは月曜休館)。雨の日はもちろん、晴れの日、雪の日、またいつでも遊びに来てくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

久しぶりの出会い

どんよりとした朝でしたが午後からは雨が上がり、むしっとした気候になりました。
雨が上がった後は蚊がすごかったです…

そんな午後ではありましたが、カナヘビをつかまえに行こうとしたらとあるいきものに出会いました。

それは・・・
_ マムシです。
久しぶりに出会ったので、ワクワクとどきどきが同居した気分になりました。

マムシは毒を持っていて怖いイメージがありますが、実はとても臆病ないきものです。そのため、こちらから攻撃したりつついたりしなければ基本的に逃げていきます。
しかし、たまに肝の据わったマムシもいて逃げずにどしっと構えるときがあります。そんなときは道を引き返して違う道を歩いてくださいね。
それから、
とぐろを巻いているときは要注意!そんなときは何もせずにすぐに引き返しましょう!とんでくることがあります。


マムシに出会うこともありますが、森のルールを守っていれば楽しい森散策ができます。
皆さんもルールを守ってLet's森散策!

もちづき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧